国家資格である通関士の資格を取って貿易業に就こう

仕事検索

通関士の合格率はどれくらい?

通関士の資格を取得する際の合格率なのですが、受験する方々が1万人に対し合格者は約千人程とされています。そのため、合格率で言うと10パーセントとなっているので狭き門とされています。

人気のある貿易関係の仕事ランキング

no.1

国家資格で特別待遇「通関士」

通関士は貿易業でも国家資格になり、どこの貿易会社でも優遇されます。そのため、人気のある仕事でしょう。しかし、通関士の資格は合格率10パーセントの狭き門のためしっかりと勉強を行わなければその道に進んでいくことが難しいです。

no.2

取引する相手は異国の人「貿易商」

携帯電話を片手に異国の言葉でやり取りを行なう貿易商は、個人個人で担当する商品が違っていたり一回の取引で大きなお金を動かしたりする事のできる仕事になります。そのため、特に挑戦心や探究心がある人に人気があるのです。

no.3

国内の商品を海外へ発信「海外営業」

国内の商品を海外へと発信していく海外営業では、いかに商品をアピールしていくかが重要になるため、プレゼン力がいります。また、海外の取引先にプレゼンを行なうので専門的な言語も必要になるでしょう。リーダーシップのとれるような人に人気があります。

no.4

将来は安定する国家公務員「税関職員」

税関職員は、空港や港で関税に関するチェックをメインに行なっています。そのため、責任感の強い人に注目されている仕事と言えます。また、税関職員の身分は国家公務員になるため、国家公務員採用総合職試験や国家公務員採用一般試験のどちらかに合格する必要があるのです。

no.5

支えることがメインの「貿易事務」

貿易事務は貿易にまつわる書類のファイリングや作成、または取引先への受注書や発注書の作成などを行なう仕事になります。一般事務とは扱う物が違ってくるので特別な書式などで作成する必要もあります。テキパキとこなせて、事務職が好きな方に人気を集めているでしょう。

通関士試験の科目と回答形式の説明

大きな科目としては3つ!通関業法

通関業法では通関士にまつわる問題が出題されます。通関士の法律や規律、通関業者での取り組みなどの問題です。これらの問題は、通関士がどのような事を行なうのかをしっかりと理解していれば問題ありません。

配点が最も高いとされている関税法

関税法は税金に定められている法律に関する問題が出ます。関税法や関税定率法以外にもNACCS法やATA条約特例法などの難しい法律も関わってきます。配点としても高いので点数を落とさないように対策を立てましょう。

他の科目とは違った回答方式通関実務

通関実務に関しては他の問題と異なり、計算をしなければなりません。また輸出入申告書の作成などもあるため実技がメインとなっています。知識だけでなくそれを形にしなくてはならないので数をこなしておく必要があります。

選択をして回答する択一式

一般試験でも採用されている択一式は、正しい回答をマークシートで塗りつぶす方式になります。また、択一式では複数の回答から選択する語群選択式や複数選択式などが組み合わされているため油断は禁物です。

計算機を使用して回答する計算式

計算式で回答するのは通関実務のみですが、今までは選択して答えられていた問題も計算式は理解度や計算方法をみにつけていなければ回答が難しくなります。配点も低い訳ではないのでしっかりとクリアしましょう。

貿易業の一つである通関士

Womens suits

貿易業唯一の国家資格である通関士

通関士は、貿易業の中でも唯一資格取得が条件の仕事になります。また、通関士は国が定めた資格になるため簡単に取得することはできません。貿易にまつわる知識を身につけ、試験に合格してからスタートラインに立てるのです。

通関士は日本経済を影から支える仕事

通関士は輸入や輸出に関して、国内に持ち込んだり持ち出したりしても問題がないかを判断する仕事になります。多くの物を輸入している日本の経済を影から支えている仕事と言えるのです。

通関士になるためにしなければいけない事

国家資格である通関士は、まず試験に合格しなければなりません。通関士の試験では禁輸や関税といった知識の他にも様々な知識を身につける必要があります。資格取得した後は、貿易会社などに入社して働けます。

求人募集されている通関士の仕事内容

求人で通関士が募集されている場合は、ほとんどが貿易関連の会社になるでしょう。貿易商や貿易事務、運輸会社といった企業が通関士を求めています。この資格を持っていると貿易業では優遇されやすいです。